洗濯物を効率良く取り込んで畳む方法とアイテム

アイテムを使って畳むと早い

畳む作業が苦手な人も存在する

洗濯物を畳む際は、平らなところを見つけてきださい。 凹凸のある場所では、洗濯物が曲がるので綺麗に畳めません。 折り目を合わせて重ねることで、どんな洗濯物でも綺麗に畳めます。 慣れるまでは、洗濯物を床の上に置いて畳むのが良いでしょう。 すると短時間で作業が終わります。

平らなところがおすすめ

畳む時は、平らなところで折り目に沿ってください。
すると綺麗に畳めると思います。
慣れている人は、膝の上など平らでない場所でも綺麗に畳めるでしょう。
ですが慣れていない人や苦手な人は、膝の上では衣類が曲がって汚くなる可能性があります。
綺麗に畳むことで、コンパクトになりタンスにしまっても邪魔になりません。
着用したい衣類がどこにあるのかもすぐにわかるので、着替えの効率も良くなります。

手先が不器用な人は、洗濯物をうまく畳めなくて困っているのではないでしょうか。
そんな人は、洗濯物を簡単に畳めるボードを用意してください。
洗濯物をボードの上に載せて、順番に折ります。
すると綺麗に畳めるので、やり方がよくわかっていない人でも大丈夫です。
衣類に合わせて、ボードを変えてください。
いろんな衣類に使えるボードがあれば、スムーズに畳む作業が進むのでおすすめです。

シャツやスカート、ズボン類は敢えて畳まない方法もおすすめされています。
干している時はハンガーに吊るしているでしょうが、そのままクローゼットに収納してください。
すると簡単に洗濯物の片づけが終わりますし、余計なシワがつくこともありません。
無理に畳むと、シワがついてしまう可能性があります。
すると着用する前に、アイロン掛けという面倒な作業がまた増えるので注意してください。
スカートやズボンは、洗濯バサミがついているハンガーを使用すると綺麗に吊るせます。
専用のハンガーを購入しましょう。

順番にボードを折れば良い

何回練習しても、うまく畳めない人も見られます。 そんな人のために、洗濯物を畳む時に使うボードが販売されています。 ボードには順番が書かれていて、その通りに畳むことで洗濯物を綺麗に畳める仕組みになっています。 畳み方を理解していない状態でも、うまく畳めるでしょう。

敢えて畳まない方法

洗濯物を畳むのが面倒なら、畳まないという選択をしても良いと思います。 ハンガーに吊るしたまま収納すれば簡単ですし、シワがつきません。 シャツやスカート、ズボンなどは、ハンガーに吊るしたまま収納できます。 余計な手間を省いて、洗濯物を片づけてください。