アイテムを使って畳むと早い

畳む作業が苦手な人も存在する

床の上で畳むのがベスト

周囲の場所を開けて、床に洗濯物を広げるのが面倒でいつも膝の上などで畳んでいた人がいるのではないでしょうか。
ですが膝の上はせまくて畳みにくいですし、洗濯物がぐちゃぐちゃになってしまいます。
慣れている人なら良いですが、まだ慣れていない人はきちんと床など、平らなところで畳んでください。

場所を変えるだけでも、これまでより綺麗に畳めるかもしれません。
適当に畳むとシワがついて、汚くなるので注意してください。
また、基本的な畳み方を理解することが大切です。
次はどこを畳むのか把握していれば、作業がスピーディーに進むでしょう。
面倒な洗濯物をたたむ作業ですが、工夫して早く終わらせてください。
洗濯によって、畳み方が変わります。

折り目をしっかり合わせよう

基本的に洗濯物は、折り目や角と角を合わせることで綺麗に畳めます。
まっすぐに重ねることを、意識してください。
1か所がずれると、他の場所も全てずれてしまいます。
すると見栄えが悪くなるので、全ての箇所で気を抜かないでください。
焦っていると、角を合わせないまま畳んでしまうことが多いです。

ゆっくり洗濯物をたためば、綺麗になるでしょう。
他にもやらなければいけないことがたくさんあるでしょうが、綺麗に畳まなければ意味がありません。
慣れるまでは、畳む時間を長めに確保してください。
毎日繰り返していれば慣れるので、短時間でも角と角や折り目をしっかり合わせて畳めるようになります。
畳む練習をする気持ちで、毎日作業に取り組んでください。


この記事をシェアする