アイテムを使って畳むと早い

敢えて畳まない方法

シャツにシワがつくのを防ごう

適当に畳むと見栄えが悪い他に、余計なシワがつきます。
アイロン掛けをするのは面倒なので、シワがつかないように収納しましょう。
おすすめは、ハンガーに吊るしたまま収納することです。
すると畳まなくても良いので、手間を削減できます。
シャツは畳むとシワがつきやすいので、敢えて畳まない洗濯をするのも良いでしょう。

しかしクローゼットの中が窮屈な状態だと、隣同士がぶつかって変なシワがついてしまう可能性があります。
ハンガーに吊るしたまま収納するなら、余裕を持たせてください。
どうしても窮屈になる際は、1度整理した方が良いでしょう。
すると、着る予定のない服が見つかるかもしれません。
そのような服を処分することで、ハンガーに吊るしたまま綺麗に収納できます。

スカートやズボンを収納する時

普通のハンガーを使っていると、スカートやズボンのウエスト部分が伸びてしまう可能性があります。
形が悪くならないよう、専用のハンガーを使うのがおすすめです。
ハンガーに洗濯バサミがついているので、ウエスト部分を挟んでください。
ボトムスも畳むのが難しいので、慣れていない人は無理に畳まないでください。

畳んでもコンパクトにならないので、タンスがすぐいっぱいになってしまう可能性があります。
ハンガーに吊るした方が、スッキリと収納できるでしょう。
無駄な手間を省くために、ハンガーをフル活用してください。
ボトムスだけでもハンガーに吊るして収納すれば、畳む時間を大幅にカットできます。
家事効率が良くなるので、さっそく実践しましょう。


この記事をシェアする